2006年08月15日

ぐだぐだです

前に復帰するといっていたのですが、
まだ課金すらしておりません。

というか、最近は週の半分も家に帰っておらず
ゲーム時間がほとんどない状況です。

だ、だれかゲーム時間をください!(贅沢

以下、最近の時事ニュースで思ったこと




昨日起こった関東での大規模停電。
この事件を見ていて昔のことを思いました。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1471/99/back99.html

99年11月22日、埼玉県狭山市の入間川河川敷に自衛隊機T-33ジェット機が墜落炎上し、送電線が切れて約80万世帯が停電。この事故でパイロット二名が死亡。付近は新興住宅地であわや大惨事となるところだった。航空自衛隊では、11月15日から、380機・3万3000人を動員した大演習を行なっており、その最中の事故だった。

実は99年の時は事故現場の近くにいたんですよね、私。

事故現場すぐ隣の学校で授業中でした。
衝撃音を感じ、窓の外では飛行機が落ちていました。
このときも27万5000ボルトの高圧線を切断し、新宿一帯くらいまでが停電になったこともよく覚えています。

今回は死者が出なくてよかったですね。
しかし今回は前回より被害が大きい上、規定違反で航行中にクレーンを上げていたりと意外に問題が発展しそうですが・・・
posted by Rama at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
|ω・`)コソ-リ
Posted by whistler at 2006年08月24日 11:43
T-33はお世話になった機体なので愛着があります。
あの事故が原因で飛行停止→廃止となった機体です。
これによって飛行時間が消化できずにパイロット資格を返上したパイロットもいらっしゃいました。
Posted by Nono at 2006年08月30日 16:55
>whistlerさん
隠れてないで出てらっしゃい!w

>Nonoさん
そうだったんですか〜。
名機だったのに、引退イベントも何もないまま廃止になったとは悲しいですね。
あの事件でマスコミは「自衛隊は危険だ」と散々叩いていましたが
私的には、彼らが最後まで操縦していてくれたからこそ
住宅密集地でも住民が誰も怪我しなかったのだと思っています。
中川尋史二佐と門屋義広三佐のご冥福をお祈りいたします
Posted by Rama at 2006年09月06日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。